検索

CHECK!漢方でケアする女性の不調ナビ

腰痛(整形外科だけでなく婦人科的なチェックも)

腰痛の症状って?

月経前につらくなる場合や、急性のものと慢性のものがあります。いろいろな病気が潜んでいる可能性があるため、長引く腰痛は、整形外科や婦人科で検査をしましょう。原因が、子宮や卵巣などからきている場合もあります。

どんな治療法があるの?

整形外科では、患部の診察に加え、レントゲン検査、MRI検査などを行います。骨や筋肉になんらかの異常があったり、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの病気がわかれば、整形外科で治療をします。
骨や筋肉に異常がなく、長引く腰痛がある場合は、婦人科のチェックも行います。子宮や卵巣の異常があり、原因となる病気がわかれば、西洋医学的に治療します。

漢方での対処法は?

西洋医学的検査で異常がない腰痛は、冷えからきている場合もあります。冷えによる腰痛は、漢方薬による治療が期待できます。
また、PMS(月経前症候群)や月経困難症によって起こる腰痛の場合も、漢方薬を組み合わせることがあります。
下の漢方処方例以外に、急性の腰痛には「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」、慢性では「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「加味逍遙散(かみしょうようさん)」などが処方されることもあります。

漢方処方例

  • 疲れやすく手足が冷えやすい人の、しびれ、腰痛に→八味地黄丸(はちみじおうがん)
  • 手足の冷え、むくみがある人の、頻尿や腰痛に→牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
  • しびれがある人の関節痛や腰痛に→疎経活血湯(そけいかっけつとう)
  • 手足の冷え、下腹部痛がある、しもやけや腰痛に→当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
全国の漢方ドクターリスト
投稿カテゴリー一覧
漢方でケアする女性の不調ナビ
漢方エッセイ
このページのトップに戻る