検索

CHECK!漢方でケアする女性の不調ナビ

プレ更年期(原因のはっきりしない体、心、肌の症状)

プレ更年期の症状って?

更年期とは、閉経前後の時期で、一般的に40代後半から50代半ばまでをいいます。更年期は、卵巣機能の低下によって女性ホルモンの分泌が急激に減少する時期。この変化によって、ほてり、発汗、動悸、頭痛、便秘などの体の症状、イライラ、うつ、不眠などの心の症状、乾燥、かぶれなどの肌の症状など、さまざま現われるのが更年期障害です。更年期の少し前(40代前半から半ば)でも、更年期と同じような症状が起こることがあります。それがプレ更年期の症状です。

どんな治療法があるの?

閉経前後に起こるいわゆる更年期障害であれば、HRT(ホルモン補充療法)などで治療できます。けれども卵巣機能が働いているプレ更年期世代の場合は、HRTが使えないため、漢方薬の出番となることが多いです。

漢方での対処法は?

女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が使われます。漢方的には、気、血、水のバランスを整えるための処方です。
イライラ、頭痛、肩こりなどの症状は "気" のバランスの乱れ。不眠、疲労感、肌のくすみは "血" のバランスの乱れ。めまい、冷え、むくみなどは "水" のバランスの乱れと考えて漢方薬を処方します。

漢方処方例

  • 貧血ぎみで、冷え症、めまい、頭重感など→当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 肩こり、イライラ、不眠など→加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 強い肩こり、多汗など→桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • のぼせ、便秘、イライラ、興奮など→桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
全国の漢方ドクターリスト
投稿カテゴリー一覧
漢方でケアする女性の不調ナビ
漢方エッセイ
このページのトップに戻る