検索

CHECK!漢方でケアする女性の不調ナビ

花粉症・鼻炎(鼻水、くしゃみは“水”の乱れの表れです)

花粉症・鼻炎の症状って?

鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど花粉の季節につらい症状に悩まされる人が増えています。アレルギー性鼻炎も同様の症状で、ハウスダストやペットなどが原因の場合も。

どんな治療法があるの?

花粉症やアレルギー性鼻炎は、本来、体を病原体から守る役割をする免疫の過剰反応によって起こります。花粉を外敵としてとらえ、体から外へ追い出そうとして鼻水や涙が出ます。
西洋医学では、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤が処方されます。また、減感作療法といって、アレルゲンとなる花粉やハウスダストを注射などで少しずつ体内に入れて、アレルギー反応をなくす方法もあります。

漢方での対処法は?

漢方では、気、血、水のバランスの崩れで起こると考えます。その原因は、冷えだったり、熱のこもり過ぎであったりさまざまです。
漢方薬で花粉症や鼻炎に最も用いられるのは、「小青竜湯」。眠くなる成分は入っていないので、運転や危険な作業をする場合でも服用できます。水がたまり過ぎた "水毒(すいどく)" の冷えを改善する処方です。
手足に冷えがある場合などは、「麻黄附子細辛湯」を使います。
熱がこもるタイプの人には、「葛根湯加川芎辛夷」を使います。

漢方処方例

  • 水っぽい鼻水やたんを伴うせきに→小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  • 熱がこもり鼻水が詰まるタイプに→根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
  • 風邪のひき始め、鼻かぜや鼻炎に→葛根湯(かっこんとう)
  • 手足の冷え、悪寒がある人の風邪や、アレルギー性鼻炎に→麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
全国の漢方ドクターリスト
投稿カテゴリー一覧
漢方でケアする女性の不調ナビ
漢方エッセイ
このページのトップに戻る